読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映し鏡

素直に、正直に・・・と言うと

何処かで引っ掛かる事があるであろう『ありのまま』。

少し前に流行ったけれど、興味がないから話の内容が分からない(^o^;)
 
貴方は大丈夫だと思うけれど
相手の態度で、どう対応するか・・・その辺り。
 
もしかすると、個人で起業するような職種の場合
勉強している中に入っているかもしれない『アサーティブ』の考え方。
これは、私の場合は後から分かった事で
既に自分の中で考えて自然にそうしていた事でした。
 
私がこの言葉に出会ったのは、学習指導員の資格を取る時。
テキストに『人に教える時の心得』としてありました。
 
トレーナー業では、学んでいるのでは?
 
でも、一応ザックリ説明しておくと・・・
アサーティブ・・・つまり自己主張する事です。
でも、それは一方的に自分が主張するだけではなく
相手の自己主張も受け入れつつ、お互いの落とし所を見つける。
お互いに誠実に、率直に、対等に、気持ち良く居られるように・・・と言う事。
 
 ・・・で、さっきの『ありのまま』に戻って
自分勝手な人が『ありのまま』になってはいけなくて
それは、ただの『ワガママ』なのです。
自分が『ありのまま』で居たければ
相手の『ありのまま』も受け入れる覚悟がなければいけないのです。
 
その反対で、自己主張はしても良い事。
でも相手の主張も受け入れる事が先なのです。
 
よく『他人は変えられない、変えたければ自分が変わる事』と言われます。
相手の様子を見れば、自分がその相手にどう接しているのかが分かる。
ある時は『映し鏡』、嬉しい顔、悲しい顔・・・お互い笑顔で居られれば嬉しいです。
そして、ある時は『反面教師』、学びの機会です。
 
だから、誠実に・・・が大切なのです。
 
その観点からすると・・・今の状況は、とてもいけない事です(^_^;)
でも、許してください。
 
浮かんだ言葉は、どんどん記事にしていきます。