読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

着々と・・・

大きなお仕事が、またひとつ済みました。

 

今日は母方の親戚の法事でした。

世代交代して、いとこ達と、その子供だけ。

これまで話せなかった、それぞれの親達の見えない確執を伝える場になりました。

私の母親が長女、下3人が男の4人姉弟です。

これは母親から聞いている私にしか出来ない事。

兄も知っているけれど、男性が話すと角が立ちますから。

 

よく話に出てくる従妹と私は殆ど姉妹のように育ちました。

他のいとこ達とも小さい頃は行き来があったり

我が家で集まって騒いでいたのです。

でも、色々な事情で少し距離が出来てしまっていたのです。

 

でも親達の葬儀、法事・・・顔を合わせる事が増えました。

 

いつか少し話したけれど(どこまで話したかは忘れました)

母方は引っ越しが多くて『実家』がありません。

お墓も嫁入り後に我が家と同じ墓地に購入したから

嫁入り先のココが集合場所になっているのですね。

でも、そのお墓を巡っても色々あって・・・

今日の法事は、ココではなく桐蔭の近くの霊園で行われました。

従兄が桐蔭OBで、馴染みがある場所として叔父が決めたそうです。

毎回、学校の横を通る度に車の中で騒ぐ私(笑)。

 

・・・で、それは楽しみで良いのですが・・・

私達いとこ、我が家には甥っ子がいますけれど

残り、母方の苗字の3人に子供が居ない・・・結婚もしていない(^_^;)

結婚しているのは、お嫁に行った従姉だけ。

離婚したから、旦那様側は関係ないのですけれど

ここの一人息子以外に、お墓を引き継ぐ次世代がいないのです。

この2つのお墓をどうするか・・・

従妹は持病があるから、先の事は常々話しているのです。

この件も、お墓にまつわるアレコレや2つをまとめる案など・・・

私が提案する形で話す事が出来ました。

 

そして「昔のように、我が家に遊びに来てほしい。」と

これまで従妹の家との新年会に決めていた成人の日と

お墓参りに来ていた海の日に、都合が良い人は集まろう・・・と言う事にしました。

 

 

この話が出来た事で、母方の親達が止めてしまった時間を動かし

昨年の自転車屋さんの件で、他人の手から我が家の土地を取り戻しました。

 

これで、9月第3週の法事に甥っ子と従姉の息子さんの対面が済めば完璧です!

 

これまでの地球でのゴタゴタは持ち越さずに列車に乗れそうです(^^)v