読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見届ける

お馬さんに
「もう伝える事がないけれど、まだ私に出来る事はあるのですか?」
と尋ねてみると・・・
 
「始めた事は最後までやり遂げなさい。」
 
・・・つまり『覚醒を見届ける』と言う事です。
覚醒と言っても、自分の中に魂の存在を見つける事だけを指すのではなく
自分の道がハッキリと見える事かも知れないし
何も分からないけれど《ゆるぎない確信》が持てる事かもしれないし。
これ、面白いのです!
「何だか分からないけれど、絶対大丈夫!間違っていない!!」
神様と繋がれている時の感覚なのです。
でも、まだその感覚が分からない時・・・そんな事が起こります。
《直感》も、その瞬間毎に神様のメッセージをキャッチしている結果です。
でも、それよりも、もっと強い・・・何でしょう?言葉が(^_^;)
根拠のない、漠然とした・・・でも自信満々みたいな(笑)。
『絶対的な安心感』でしょうか、守られているからなのですよね。
 
でも、自分の波動(思考、感情、心などの事と思ってください)が低いと
悪いモノと繋がってしまうそうです(>_<;)
 
その為にも《正直、誠実、純粋》で居る事が大切なのですね。
 
 
いずれにしても・・・ここまで来て私が感じている事は
子供の頃、それも幼稚園くらいの感じ。
何も考えないで遊んでいた頃の・・・考えていたとしても
「おなかすいた」とか「つぎはなにしてあそぼう」とか(笑)。
あの頃の感覚なのですよね。
子供の頃は魂のままに生きていますから。
でも成長するに従って、どんどん『頭でっかち』になって
色々なモノで自分で自分に規制をかけてしまっているだけなのです。
 
成長して・・・良い面は《理性》を手に入れている事です。
いくら魂のままで居るのが良いと言っても
独りで生きているのではありません。
子供のように自分の意見が通らなくて泣いてはいけませんよね(笑)。
泣かないで、自分の意見を述べなくては。
因みに私は泣かない子でした、大人だったので(笑)。
でも、我慢はしていましたね・・・沢山。
ここ!大切なのです。
我慢してはいけないのです。
そう言えば、先日の法事でも従姉に
「○○ちゃん(私)が一番しっかりしてたよね・笑 !」と。
私は従姉をお姉さんのよう思っていたのですけれどね(笑)。
 
でも、これからの魂同士の関係は・・・
何も気にしなくても上手くいくはずです。
 
多分、私は先生との時間で『一足先に』魂次元の体験をしたのだと。
『こんな時間になりますよ!』と。
本当に、お互いの『わくわく』する気持ちだけで動いていた感じです。
 
貴方と出会った頃・・・これまでの流れから
「この先生と感覚まで、マイナスから関係を築かなくてはならない」と
思っていました(^_^;)
ただの出会いではない事だけは分かっていましたから。
『仲が良い』と言うのではなく、『わくわくで繋がる』と言う部分です。
でも「それは無理でしょう(^_^;)」・・・と。
いくら一緒に居る時間が長くても、お話しするわけではないですから。
 
「神様は私に何をさせようとしてるのか???」
 
本当に困りましたよ~(^_^;)
でも、そこから今起きている大きな流れの情報を見つけ
自分がすべき事も分かったのですね。
 
・・・そんなこんなで、まだまだ続きそうですね(笑)。