読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

その次元なりに・・・

先日の記事を書きながら気になっていたこと。

 

私達の出会いはブループリントに記されている重要なもの。

そして、お互いの間に解消するカルマはなし。

初めから上の次元の関係(魂レベルで姉弟のようなモノ)と言われ

他の人ほど気を遣わないでいました。←安心していたということ

 

貴方の《課題》は、どこまでの範囲で適用されるのか?

これは私も同じです。

 

上の次元で繋がっていく《仲間》は、三次元的な《学びの関係》では

なくなっていくのでは?と思っています。

よく出てくる《学び》。

これは、今日の話のように貴方のことから私が新たな知識を得るような

状況ではなく、人生経験?になるようなもの。

だから辛い経験の方が多いと思います。

今日の時間も、あれだけ見え方を比較できる機会はないから貴重な体験でした。

 

これまでの情報は【三次元の生活】における事象について。

さまざまなスピリチュアル情報についても・・・です。

三次元における対処方法です。

 

上の次元を体感できるのは、三次元での学びが済んだ時。

部分的に、あるレベルに達したときにゾーンに入ることもあります。

 

上の次元でのことは実際に体験していかないと分からないと思うのです。

 

なるようにしかならない・・・どうこうしようとしなくても動いていく。

良くも悪くも自分の中にあるモノ全てが具現化していく。

 

これまでの全ての経験を活かして実践、奉仕をしていく・・・。

 

あっ!そうか!!

同じ言葉でも、その内容・・・レベルが違うのですね(^-^)b

どこまでも《学び》は続くけれど、その次元なりの《学び》。

 

あ・・・なんてマヌケ(-_-;)

私、身をもって体験しているではないですか(^_^;)

五次元では簡単なのに、三次元では難しいことを。

同じことをしようとしても、全く違う方法をとらなくてはならないことを。

それを伝えるために、一度《魂同士の共鳴》を体験してから

貴方と出会ったのに・・・。

 

相変わらず頼りない先導役でごめんなさい(^_^;)

 

魂の成長は、ず~っと続くのですから。

・・・というわけで、《課題》も常に心に留めて・・・。

(・・・と、自分にも言い聞かせ・笑)