読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そもそも・・・

どうして、あの時・・・

目が疲れる話からだったか??

私に「何か区別する方法はありますか?」なんて言ったのでしょうね?

「話してみよう」・・・何となくそう感じたのなら、それこそが《直感》!

魂が感じたからです。

良い意味でコントロールされた状態・・・導かれたのです。

 

今、私がこうして熱心に進めるだけのエネルギーは

どこから来るのでしょう??

 

『それが正しい道』だからです。

 

どうやら・・・こうして向き合う必要があるようです。

 

少なくとも・・・

貴方は知らない世界を知ることになります。

これまで、どんな検査をしていたのかは分かりません。

でも先日の様子では、ああして誰かと見比べたのは初めてだったのでは?

私が身内ならば「眼鏡を買いに行こう!」と言うでしょう。

今、そして、この先の生活が明るくなってくれたら嬉しいから。

でも私は、これまで貴方が感じてきた世界を知りたいのです。

その積み重ねが今の《貴方》だから。

 

数冊本を購入したから、できるだけ貴方に負担がかからない方法を

考えておきます(^-^)