読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

確認でした

ごめんなさいm(_ _)m

嫌な思いをさせてしまいましたね(>_<)

あの状況では、あれ以上は言葉に出来なかったし・・・。

 

でも、あそこを確認しないと見え方の傾向が分からなかったから。

それでも、あくまでも『傾向』であって

人それぞれ違うのだと思います。

これまでの生活の中で慣れてきているだろうし。

 

別に貴方を変えようとしているのではなく・・・

貴方の頭の中にある色の情報を整理整頓してほしいのです。

 

私が「体の使い方が分からない!」と訴えたのを覚えていますか?

「今の動けない体との向き合い方が分からない!」と。

運動の方法を知らないわけないのですよ・・・よーく知っています(笑)。

ただし、健康な身体での方法です。

今の身体に見合った動かし方が分からない。

自分の経験の中に、これだけ何もできない身体はないから。

歩くにしても、どの程度歩いて平気なのか分からなくて不安です。

ガンガン動いて大丈夫な身体しか知らないから。

 

でも、この『分からない』という感覚は

動くことを知っているからであって。

知らなければ、分からないことすら分からないのです。

初めてならば、言われた通りにするしかないのですから。

だから、『分からない焦り』をなくすために

私の場合は一度リセットして『やり直す』しかないのです。

 

 

今日の感じでは、貴方は私とは違って『それなりの世界』が

できあがっているし、切羽詰まったものはないですよね。

それに、これ以上嫌な思いもしてほしくないし・・・。

ただ、ああして私に質問してきたということは

知りたいと思う気持ちはあるのだと感じています。

 

・・・ということで。

たまに確認させてもらうことはあるかもしれないけれど

できるだけ直接話はしないことにします。

 

その代り、この場で私なりの《色の表情》を伝えていくことにします。

識別しにくいと言われている色を中心にしていきます。

 

詳細は後程。

 

それを読んで同じ感覚なら・・・それでよし。

違っていたら・・・「そう感じているんだ」と思ってもらえれば。

そうしているうちに、貴方なりの【色見本】が構成されると思います。

 

その色見本が貴方の五感、もっと上の感覚を知る上での

チョットしたきっかけにでもなれば嬉しいです。

 

 

これまでメッセージを伝えてきたのと同じ形ですね。

私達のコミュニケーションは、この形なのですね(^-^)