読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分なりの世界

これまで色から離れられなかったけれど・・・

「それって違うのかも。」そう思うようになりました。

 

『持っている能力を最大限に引き出す。』

 

これまでと考えは同じだけど、落としどころが違うというか。

 

最終的に色に結びつけば・・・と思ったけれど

《自分なりの世界》を作り上げることなのかも。

知識として、色に対する一般的な感覚を知っていることは

集団の中に居る場合には共通言語として必要かもしれません。

でも、自分なりの感覚でよくて・・・

私にできることは、そこに少しだけスパイスを加える。

「こんな味わい方もありますよ!」

そんな提案をすることなのかも・・・と思っています。

 

大人になってからでは意識しないと身につかないことも

子供の頃から自然にしていれば言葉のように

自然に身につくのでは?

 

そう考えているのです。