読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

物質ではなくエネルギー体

ひと月前に何が生まれたのか。

詳しく書いていなかったですね(^_^;)

 

別に、形のあるモノが出てきたわけではありません。

そんなことになっていたら・・・事件です!!!

感覚として『産まれた』だけです。

身体に影響があるとは思っていなかったし

あまりリアルな表現も、どうかと思って。

今更・・・何を言われても驚かないか(笑)。

 

私は、妊娠&出産経験はありません。

でも、このときは「これって陣痛??」と本能的に思いました。

具合が悪い痛さとは明らかに違う。

どんどん痛みが強くなっていくのですから。

そして、身体が『何か』の準備に入っているのが分かったから。

実際の出産時は、赤ちゃん自身が生まれようとする動きなのか?

もう充分育ったと判断した母体が産もうとするのか?

よく分からないけれど・・・

とにかく、子宮内のモノが外へ出る(出す)準備に入って・・・

産まれた感覚もあったのです(^_^;)

だから、その辺りの筋肉を使ったわけです。

私が産もうとしたのではなく・・・

私の中に宿っていたエネルギー体の意志で

出てきた感じだったけれど。

 

不思議体験が日常化している私でも・・・

流石に、このときは楽しむ余裕など全くなく(^_^;)

だって、心の準備も何もできていないのですから。

その点においては普通の妊婦さんは分かって産むわけで。

驚きを通り越して・・・何と表現していいのか?

・・・参りました(^_^;)

 

でも、《自分の夢》が宿ったと思っていたから

それが育って発動する時がきたから生まれた・・・そう感じました。

だから、生まれたエネルギーは天に昇って行ったのだと。

そういう意味では「無事に生まれて良かった」という

安堵感がありました。

 

それにしても・・・

必要がなかったから、女性でも全く知識のない分野(^_^;)

今更(笑)いろいろと調べてみると・・・

超安産だった人くらいの経験はしたかもしれませんね(笑)。