読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感情の動き

子供の頃から・・・

頭が動くわりに、最終決断は《野生の勘》でした。

 

大きくなって、色々と考えられるようになって。

一つのことについて、良い場合、悪い場合

あらゆるシミュレーションをして・・・

でも、決断するときは勘(笑)。

この野生の勘こそが《直感》。

 

以前はシミュレーションでのベスト(安全な道)を

選ぶことが多かったのですね、全体の流れも考えて。

でも、いつの頃からか・・・チャレンジすることが多くなって。

 

これこそ《見えない世界からのメッセージ》なのですよね。

チャレンジができるようになってきたのは

それだけ成長したということなのだと思います。

 

このシミュレーションをしているときに

自然に想像できるパターンと、そうでないものがあって。

私は自然に流れているパターンを選んでいて。

 

少し前に書いたアカシックレコードの話をしたけれど

これこそ!アカシックレコードにアクセスしている状態。

何も分からなくても、そうしてきていたのです。

 

これと同じことが《魂の目的》を思い出したときにも。

実は、もう一つ・・・貴方と出会う前に「もしかして?」と

思う道がありました。

でもその道は未来が見えないのです。

そのときは、いくら自分が進みたいと思っていても。

本当の夢、つまり《魂の目的》は自分想像するまでもなく

ずーっと先まで勝手に頭の中で展開していくのです。

そして実際に、どんどん進んで行きます。

 

でも、その見えた未来が現実になるかどうかは別で。

・・・と言うのも、ブループリントは

『未来を選択することはできるけれど、自由はきかない』

そう感じるのです。

 

以前、まだ学びが足りない魂はキッチリとした計画。

ある程度進んだ魂はオプションが増えていく・・・と

読んだことがあるのです。

《自由意思》で動ける範囲が増えるというか。

確かに、効率的な学びができる設定です。

 

だから、私が思い出したブループリント通りに

進んで行くとは限らないのですね。

途中で違う選択をする可能性もあるわけです。

ただ、最終的に辿り着く《答え》は同じなのだと思います。

 

まだまだ我欲抜きで考えられるほど成長はしていないから

先を見る精度は確かではないけれど(^_^;)

 

でもね・・・最近思うのです。

先のことが分かって、安心して進めることもあるけれど

分かってしまって面白くないこともあるわけで。

『アトラクション地球』の意味が分かってきました。

高次元は何でも想い通りになる世界です。

苦労した末に手にする充実感や達成感はないのです。

感情はあっても、感動、感激、反対のネガティブな感情も

大きく感情が動くことはないのです。

 

その感情の大きな動きを感じたくて

魂は地球にやってくるのですね、きっと。

 

だから、どんなことでも自分が望んで体験していて。

良いことも悪いことも、とことん味わうことが大切なのですね。

 

 

・・・なんて実感として言えるようになった自分を

褒めてあげたいと思います(^-^)