読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女の子の記憶

以前、龍のイラストを載せたけれど

あの絵の通り、私は子供だったと思うのです。

まさに今の身体のサイズくらい、10代前半くらい。

 

当時は貴方の方が年上だったかも?

 

ただ、どうしも貴方のことを守らなくてはならなくて。

 

綾〇はるか主演のNHKのドラマ・・・知ってる?

今回のシリーズが先週末終わったところです。

 

あのドラマの初回、オープニングで身震いがして

訳もなく涙が流れたです。

女用心棒が皇太子を守る話です。

見えない世界との繋がりが、まだまだ身近だった時代設定。

皇太子は自国を守るために奔走するのです。

 

別れた当時の貴方の身分はさておき(笑)

貴方を守らなくてはならなかったのは確かで。

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

上記は昨晩、下書きしたもの。

 

ここからは、今、浮かんだ?思い出した?

昔のこと・・・

 

 

怒った龍は、村を守ろうと戦っていたのです。

貴方は、その村の上の方の人。

私は、やはり龍使いだったみたい。

 

貴方と私は、一度は逃げたけれど・・・

貴方は事を終わらせるため、自ら名乗り出たようです。

 

そのとき【ここ】で別れたきり。

 

こうして出会うまで、転生中に会うことはなかったのです。

 

当時、本来なら一緒にいて『見えない世界』を教えることが

私の役目だったから、その続きを《今》しているのです。

 

 

 

『力の出し惜しみをするな!』と言われました。

これは、私も貴方も・・・です。

 

そして、私達を導き、今も身近でサポートしているのは同じ龍です。

 もう、嬉しくて・・・感涙(T▽T)