読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

足止め

少し体調が戻って・・・

いろいろと再開したいと思っていました。

 

でも「するな」と言われているみたい。

『今は、その時ではない』かもしれないけれど。

どれも親指が需要なのです。

 

料理もできないし。

それ以前に、片付けもできない(^_^;)

 

改めて日常を見直していると・・・

親指を酷使していることが分かりました。

大切に使わないと・・・。

 

以前は足ばかりケガして・・・文字通り『足止め』されました。

あれは「この場所から離れるな」ということ。

 

この手の宇宙からの制御はいろいろあって。

まず、この身体のサイズ。

海外では完全に子供扱いです(笑)。

その代わり、どこでも可愛がってもらえます♪

何処でも住めそうだけど・・・仕事はどうでしょう??

そして語学が苦手。

他のことは、すぐに身につくのに・・・自分でも不思議(^_^;)

海外に行ってしまえば、単語と愛嬌(笑)で乗り越えられるけれど

とにかく言葉のシステムが理解できないのです(-_-;)

何度かあった海外移住の機会は、これらの理由で流れました。

とても分かり易く「それは必要ありません」と言われているのです。

 

振り返れば・・・私は、この家から離れられないようになっています。

いつも、誰かしら世話する対象がいるのです。

入院したり、自宅療養していたり、甥っ子が生まれて。

その中でも、寝ずに遊びまわる私のタフさ(笑)を見た宇宙が

『足止め』をしたのですね、きっと(^_^;)

 

 

今の親指は、使いすぎや加齢からくるものかも。

10年以上前、人差し指が同じようなことになって。

このときは『使いすぎ』という自覚がありました。

それでゴルフはしなくなったのです。

人差し指は、少し前にも痛くなりましたね。

 

とりあえず、負担がかからないように生活します。

PCのスペースキーも左手で・・・できるかな(^_^;)

 

父親リュウマチを患っていたから、その辺も気をつけながら。

でもね・・・両手首が動かないのに

スポーツタイプのマニュアル車で高速道路をぶっ飛ばす!

そんな人でした(笑)。

若いときはナナハンを乗り回していたようだし。

見た目は優しくておとなしそうなのにねー(笑)。

 

・・・と、いろいろ書いたけれど

「今は見えない世界に目を向けていなさい」

そいういうことなのだと思います。