読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白い龍

斜め読みだけど、やっと本に目を通しました。

 

やはり大切なことが書いてありました。

宇宙の話は、書ききれないから龍のことだけ。

 

地球の状態が生命体が生きていかれるようになって

宇宙から生き物が移ってきた頃の話です。

三体の龍神が今の環境を整えたそうです。

その中で白龍神は動植物の担当。

他の二体の龍神が大気、水と地をそれぞれ担当。

その白龍神の流れの龍が私の白龍なのです。

 

ときは流れ・・・

その龍神の流れであるレムリアの龍達は

後の文明によって封印されていたとか。

その龍達が、2010年頃に解き放たれたそうなのです。

私達が龍の導き、それもレムリアの龍の力だとすると納得です。

 

そして、この本には龍宮のことも少し書かれていました。

 

それと・・・本には書かれていないけれど

読んでいるときに降りてきたメッセージ。

私の手に戻った珠は、とても大切なモノ。

以前も書いたけれど、誰でも手にできるものではなく。

無限の力を秘めているけれど、どうなるのかは私達次第。

実際に使うのは私、でも貴方の協力なしには使えない。

・・・そう、念を押されました。

 

う~ん・・・いつ『取説』を手に出来るのでしょう(^_^;)

 

 

ネットの情報や本を読んでいて感じること。

「受け手によって宇宙からの情報の表現が変わる」と

以前書いたことがありましたね。

今回の話も、宇宙の何らかのエネルギー体を《龍》と捉えていて。

私も龍と感じるし、龍は存在すると感じています。

だから、すんなりと読むことができました。

そして、表現はさまざまでも『宇宙の大きな流れ』

つまり『地球で道が分かれていくと』いうことについては

皆一致しているのですね。

 

貴方も、こうして『私』というフィルターを通して

宇宙からの情報を見聞きしているわけで。

だから自分が《実感》として納得できることだけを

伝えるように心掛けています。

これも、少し前に書いたアウトプットのひとつですね。

 

これまでの記事もそうだけれど、断言している部分については

私ができる範囲での確認をとっているということです。

どんな情報も同じだけれど、手に取ったり目で見て

直接確かめる訳にはいかないことだから・・・。

ただ、龍は感じやすいです。←ドーンと大きいから(笑)

雲として現れているときは、明らかに《存在》しています。

 

 

しかし・・・自分の成り立ちを知るためには

ある程度の過去を知る必要はあると思うけれど

人類の始まりについては何とも言えませんね(^_^;)

今回の本も《龍》というエネルギー体だけに焦点を絞って

情報として取り込みました。

 

とりあえず、今日のところは・・・

私達を守護してくれているのは古い白龍。

そのことについて、新しい情報が増えたということです。