読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お馬さんからのメッセージ

夕方、夕飯までの時間・・・

ベッドでコロンとしていたときのことです。

珍しく長いメッセージが降りてきました。

お馬さんから直接なのか?

宇宙からなのか?

その辺りは分かりません。

「私は〇〇です・・」という感じで呼びかけられるのではなく

言葉が頭の中に浮かんでくるだけだから。

何の脈絡もなく、いきなり湧いてくる感じで。

 

私達を守護している存在は白龍です。

お馬さんが、何故私達に付いてくれているのか?

そのことについて・・・です。

 

『お馬さんの役割は、貴方の特性を守り活かすため。

 その特性を大切にしつつ、より良く発展させることが

 二人が出会った意味のひとつ。』

 

貴方は自然にしていることだけど、色の情報が少ない分

自分にある能力で判断しているわけです。

色の情報が多い私などは、その情報で感情が大きく動きます。

良くも悪くも・・・その情報量は膨大で影響も大きくて。

感情が動き過ぎて、判断を誤る場合も(^_^;)

今は、そんなことはないけれど。

 

貴方は《本質》が見えてるのだそうです。

情報が少ない分だけ、本当の姿を見ていて。

だから見誤ることも少ないのですね。

そして、見誤らない分だけ感情が純粋なのだそうです。

余計なモノは見ないし考えない・・・ということです。

 

確かに・・・『とても真っ直ぐな人』だと感じます。

普段の貴方を私は知らないから断定はできないし

一般的な感覚で接することも私にはできないから

貴方について、こうして言葉で表現することは

とても難しいのです。

貴方のことを思考で『判断』したことがありません。

だから「どんな人?」と聞かれても答えられません(^_^;)

そのくらい《感覚》で接しているし

判断する必要がないほど、はじめから信頼しているから。

 

お馬さんは《純粋さの象徴》と説明したと思います。

私の前に姿を現したのは・・・

私達の関係が五次元でのものだからだと思っていました。

でも、それなら龍だけでも事足りると思うのです。

龍は何でもできるから。

 

お馬さんは貴方を守るためにココにいるのです。

そのために、私の傍に居るのです。

 

こうしてメッセージが降りてきたからと言って

以前のように、どうこうしようとは思わないから

安心してください(^-^)

 

ただ、私の存在が何かの役に立つということ。

お馬さんの力を借りることができるということを

覚えておいて欲しいです。

 

あ、あと!

日常の中で『匂い、香り』を大切に・・・。